秋田LINE 豊洲

前回取材拒否したのは秋田LINE、まさしく、現役でステルスマーケティングのアルバイトをしていない五人の男子学生!
集結したのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、現役男子学生のBさん、売れないアーティストのCさん、タレント事務所に所属したいというDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に、着手したキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんから順にお願いします」
A(元昼キャバ勤務)「小生は、女性心理が理解できると思い開始しました」

誰が秋田LINE 豊洲を殺すのか

B(大学2回生)「オレは、稼がないと意味がないと思ってスタートしましたね」
C(ミュージシャン)「わしは、演歌歌手をやってるんですけど、秋田LINE長年やっているのに一切稼げないんですよ。一流になる為にはささやかな所から地道に下積みしなきゃいけないんで、こういう仕事をやって、差し詰めアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某芸能事務所所属)「わしは、○○って芸能事務所に所属してパフォーマーを目指し励んでるんですが秋田LINE、一度のリサイタルで500円しか入らないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(コメディアン)「実際は、うちもDさんと似たような状況で、1回のコントでたった数百円の極貧生活してるんです。先輩の紹介で豊洲、ステマのアルバイトをすることを決心しました」
大したことではないが、豊洲メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに所属しているという素敵なメンバーでした…、けれども話を聞いてみずとも、彼らにはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。

なぜ秋田LINE 豊洲は生き残ることが出来たか

筆者「ひょっとして豊洲、芸能界で下積み時代を送っている人ってサクラでお金を貯めている人が多いのですか?」
E(某芸人)「はい、豊洲そうですね。サクラでの小遣い稼ぎって秋田LINE、シフト比較的自由だし、俺みたいな、急に代役を頼まれるような仕事の人種には適職と言えるんですよ。予測できない空き時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「経験の一つになるよね、女性として接するのは易しいことじゃないけど俺らは男目線だから、自分が言われたいことを向こうに投げかけてやればいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、男もころっと飛びつくんですよね」
A(メンキャバ働き手)「想像以上に、女の子でサクラをやっている人はサクラは男性の心がわかってないから正直なところを言うと下手っすよね」
筆者「女の子のサクラより、男性のサクラの方がもっと適しているのですか?」
D(芸能事務所関係者)「まぁ、そうです。優れた結果を出しているのは大体男性です。けれども、僕は女性の人格を作るのが下手くそなんで、いつも怒られてます…」
E(某有名芸人)「本質的に、不正直ものがのし上がる世ですからね…。女を演じるのが大変で…俺たちも苦労してます」
筆者「女キャラクターをやりきるのも、想像以上に大変なんですね…」
女の子のキャラクターのどのようにしてだましとおすかの話が止まらない一同。
その途中で、ある発言をきっかけとして秋田LINE、自称アーティストのCさんに向けて好奇心が集まりました。
先頃の記事の中において秋田LINE、「秋田LINE 豊洲で積極的だったから、会ってみたらその男は犯罪者でした」という体験をされた女性の話をしましたが、驚くことにこの女性は、豊洲その男性との交際をスタートさせることになったのです。
本人としては、「服装が既にやばそうで、恐ろしさから断れず一緒に行くことになった」と言いましたが、本当はそれだけの理由ではなく、怖いもの見たさという部分もあって断らなくても良いと思ったようです。
その彼がどういった罪だったかというと、三十センチほどの長さの刃物で傷つけたのは実の親だったのですから、単なる事故などとは違うと思う人も少なくないでしょうが、話した感じではそういった部分がなく、子供などにはむしろ優しいぐらいだったので、警戒しなくても大丈夫だと思い、分かれるのではなく付き合い始めたのです。
その女性はそのまま付き合い続けたかというと、どうしても男性の行動がおかしい時があったので、気付かれないように家を出て、その相手とは縁を切ったという終わりになったのです。
特別なことなどしていないのに落ち着くことが出来ないので、同居しながら生活していたのに、話し合いなどしないまま出ていくことだけ考えていたと話していましたが、どうやら一緒にいると恐怖感が強かったという事だけではなかったようで、言えば分かるような問題で、手を出す方が早かったり、暴行だって気にしていないような仕草をしてくるために、お金が必要になると渡してしまい、頼まれれば他の事もやってあげて、ずっと暮らしていたというのです。